永楽屋ごよみ

「芒種(ぼうしゅ)」

「芒ある穀るい稼種する時なればなり」(こよみ便覧)

「芒(のぎ)」はイネ科の植物の先にある棘状の突起のことで

昔は「米や麦」などの蒔き時ともいわれていました。


二十四節気を更に細分化させた

七十二候(しちじゅうにこう)では

「芒種」には、順に

・螳螂生(かまきりしょうず)

・腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

・梅子黄(うめのみきばむ)

があります。

カマキリが生まれ、ホタルが出て梅の実が熟す頃


さて、こちらは永楽屋細辻伊兵衛商店の手ぬぐい「蛍火」です。

草原に無数に光る綺麗な蛍の光を描きました。

町家手拭「蛍火」

Scroll to top